HOME>注目記事>企業価値を高める手法として注目されています

何故注目されているのか

男性

企業買収と聞くと、乗っ取られる・支配されるという単語が思い浮かびます。そのため、企業買収そのものが、あまり良いイメージではないと考える人が少なくありません。しかし欧米諸国の場合、企業イコール商品という考え方が浸透しています。つまり、自分たちの会社に有利となる商品(企業)がリーズナブルな価格で手に入るのならば、積極的に購入したいと考えるのです。逆にそのような企業が現れた際に、購入しないのは経営陣の怠慢とみなされることの方が多いです。さらに経済のグローバル化が進んでいて、企業競争は激化しています。競争で優位に立つためにも、積極的に企業買収する考え方が広がってきています。

これから身近になると評判です

人形

企業買収というのは、もともと株主資本主義が定着している欧米諸国で実施されてきた手法です。日本国内でもIT関係のベンチャー企業や金融機関など、各業界で企業買収が進むようになりました。特に2000年以降急速に進んでいます。1995年時点では年間500件余りだったのが、2004年には2000件を突破するようになりました。つまり、それだけ企業買収が身近なものになってきたと評判です。しかし、それでも年間件数はアメリカの5分の1程度といわれています。そのため、今後もますます企業買収が進むといわれています。

シナジー効果を高めると評判です

女性社員

何故、企業買収が進んでいるかといえば、双方のシナジー効果を狙えると評判だからです。シナジーとは、相乗や協働という意味の単語であり、それぞれの企業のメリットを上手に融合させて、大きな効果を生み出すことを指します。例えば、技術力は優れているが販売力が乏しい企業と、販売力は優れているが技術開発が追いついていない企業があったとします。これらが企業買収することで、技術開発力と販売力を持った企業が誕生します。このように、補完作用が生じさせる目的で企業買収することもあります。そして新規顧客を開拓できたという評判が出ています。

広告募集中